きれいに写るには?

  • 撮影の前に…
    1. 体にあったサイズのスーツやシャツを着用しましょう。
    2. ワイシャツ・ブラウスは、白色にしてください。
      モチロンきちんとアイロンをかけましょう。開衿シャツには、固めに糊付けするときれいに仕上がります。
      • 男性は首周りに指1本くらいの余裕があるレギュラーカラーものがオススメです。
      • 女性は髪型や首の長さ、スーツのデザイン等により、ボタンを止めるタイプが似合う方と、
        開衿タイプが似合う方がいらっしゃいます。また応募する業種によっても雰囲気を変えた方がいい場合があります。
        試着するなど、事前によく考えましょう。
    3. ネクタイは色柄・太さだけでなく、結び目の形や大きさにもこだわりましょう。左右対象のキレイな三角▼が理想です。
      お顔の雰囲気や大きさ、スーツの形、ネクタイの色柄によって、似合う三角▼の大きさを鏡の前で確かめてみてください。
    4. 眼鏡(フレームの太さや色)は、就活用写真にふさわしいかどうか前もってよく考えましょう。
      太いセルフレームや、目立つ色の眼鏡は、あなたの表情より目立ってしまうかもしれません。
      眼鏡をかけて撮影するかどうか迷われる方もよくいらっしゃいますが、普段常に眼鏡をかけているか、
      面接に眼鏡をかけていくかどうかを考えて判断しましょう。尚、カラーコンタクトはNGです。
    5. 髪の色や髪型も、就活用写真にふさわしいかどうか、応募する会社の雰囲気にあっているかどうか、
      事前に考えておきましょう。男性も女性も、おでこと眉が少し見える方が良いです。
      輪郭をすっきりと見せ、両目に髪がかからないようにしましょう。
      • 男性は耳まわりと襟足をすっきりと見せましょう。(ヒゲはしっかり剃ってきてください。)
      • 女性の髪は長い場合、結ぶことをオススメします。
        (写真撮影の場合、髪を襟足近くで結ぶと正面から髪が見えにくくなります。)
        シャツの衿に髪がかからない方が写真の仕上がりが美しく見えます。
    6. ご自分でメイクされる女性の方へ。就職活動ではメイクをあまりしない方が良いと思っている方が多くいらっしゃいますが、
      ノーメイクに見えるようなナチュラルメイクは、4x3cmの小さな証明写真では眉・目・口の印象がぼやけてしまいます。
      • 眉は髪の色と合わせてやや太めにしっかりと。
      • 口元は輪郭をしっかりとって、ベージュピンクやサーモンピンクなどのリップで色味をのせましょう。
      • 目元は色をのせるというより、ブラウン系のシャドウをつけて目の印象を少し強める感じで充分です。
        (ピンク系のシャドウは逆に大きくてきつすぎる目元を優しくみせる効果もあります。)
        軽くマスカラも効果的ですが、つけまつげはNGです。
      • 頬は軽くチークをのせると血色良くみえます。顔の中央に丸くいれるより、
        サイドのほお骨より高い位置から大きな筆で斜めにいれると、顔が立体的に大人っぽくなり、
        また小顔効果もあります。
  • 撮影の際は…
    1. お顔や髪型・表情など、気になる部分や「こんな風に写りたい」というご希望がありましたらスタッフにお伝えください。
    2. カメラの前に座る前に、身だしなみをチェックしましょう。不安な点があればスタッフにお気軽にお声がけください。
      (座ってからもう一度スタッフが髪や衿、姿勢を直します。)
    3. 姿勢は背筋をのばし、肩に力を入れすぎないように気をつけましょう。軽くあごを引いた方が印象がよくなり、
      目の表情が作りやすくなります。
    4. 就職用写真だからといって、真顔や無表情では、怒っている様に見えたり、不満そうな顔になる事があります。
      女性は口角を少し上げるくらいが好印象。男性もほんの少し口角に力を入れて、キリッとした表情で。
      眼力も大切です、誠実そうな表情を心がけましょう。 (何パターンか撮影しますのでご安心下さい。)
    5. 硬い表情や優しい表情、どれが希望する業種にマッチするのかを考えて写真をえらびましょう。
      選ぶ際に迷ったらスタッフがサポートします。
    6. 気に入った表情がなければ、撮り直しできます。プリントが仕上がってからは撮り直しできませんので、
      その場でスタッフにお伝え下さい。
ページトップへ